しつこい奴らに死の制裁を

2013年10月09日、しつこくもまたまたヘリの現物投資とかのRIETの℡がかかってきた。不動産投資とかこのての物はかえって危険なものとなる。何故なら売却する時に買い手がなかなか見つからず売れないで時間がたって行き金がかかると言う事になるからである。高砂マンション売却時だって購入時の四分の一にしか現金にならなかったからである。それ以来RIETを投資をする際は金融機関との相談は欠かせないほどとなった。5〜800万円位自分で借金して投資すればいい。そんなに儲かりはないしのは眼に見える様に解っている。今日の15時20分℡がきたが全面的拒否してやった。特に機械の様な物に対しては経年変化が激しく各部痛みが激しくなりパーツの交換なんか激しいのにきまっている。航空無線技士免許試験セミナー参加した時良く聞かされたからね。それに上記国家資格保持しているもの。担当者を近くに向かわしたからから何て言ってたけど敷地内許可なくして侵入した場合家宅侵入罪となり刑事事件で訴えられても可笑しくないの解んないのかね。投資なら銀行・証券会社などを通すか投資信託協会などの情報などで公開してみろ?? そしたら信用してやっても良いがね。取敢えず県消費者センター連絡し相談したから放置し経過を見る事とする。県警・地元警察へは以前相談した結果事件が発生した場合対応とのこともあり現在に至っている。ナンバーデスプレィーでSDに残る様になっているため相手を逃がさない。相手を追い詰め真綿で少しづつ締め上げ地獄に送ってやりたい気分でいる。千葉の太陽光発電もそうだった。結局詐欺だったけどね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック